スライムパンチは危ない?危険性や安全性はどうなの?

スライムパンチを使うにあたって危ないのかどうか気になる方も多いようです。そんなスライムパンチの危険性や安全性はどうなっているのか?ホントに危ないのか?詳細をご紹介していますので参考にして下さい!

スライムパンチは使い方次第では危ない!

基本的に、スライムパンチは使い方次第では危ない状況を引き起こす洗浄剤だということは知っておいて下さい。

※使い方次第で危険性が高まる、安全性が高まると考えてもらってOK

どういうことかと言いますと、まずスライムパンチのボトル表面中央辺りを見て下さい。

デカデカと「まぜるな危険!」と表記されているのが分かると思います。

コレの意味ですが、スライムパンチのような『塩素系』の洗浄剤とバスマジックリンなど『酸性系』の洗浄剤を一緒にまぜる(使う)と化学反応が起こって有毒ガス(塩素ガス)が発生して危ないから注意してねってこと。

この有毒ガスは目や鼻やのど、皮膚を強く刺激して痛みを引き起こしたり目や口内の組織を破壊する可能性があるので意外とコワイ。

しかも高い濃度のガスや大量に吸うと中毒状態を引き起こすことがあるんだそう。

そのため、スライムパンチと酸性系の洗浄剤をまぜると危ないことを知らせるためにこういった注意書きが目立つように書かれているんですよ。

スライムパンチが「危ない」とか「危険性がある」という理由はこの有毒ガスの発生を意味しているとお考え下さい!

ただ逆に言えば、スライムパンチを正しく使う(酸性系の洗剤とまぜない)ならば特に危険性はなく安全性の高い洗浄剤だと言えます。

ぶっちゃけて言うと、「掃除の時に洗浄剤は2つ使うな!」「1種類だけ使おう!」ってこと。

スライムパンチを使う場合はスライムパンチだけ使えば危ないことはないし危険性もない。

この事を守ってスライムパンチを使えばグンっと安全性も高くなるので知っておいて下さいね!

あと、スライムパンチの安全性を高めるために、

・目を守るグーグル

・手や肌を守る手袋

・万が一の時のための換気

・・・これら3つはしておくと良いでしょう。

目にスライムパンチが入れば失明の可能性があるのでゴーグルがあれば安全だし、手や肌に付くと荒れたりすることもあるので手袋をしていれば安全、換気は臭いの拡散やもしも有毒ガスが発生してもやはり拡散できるので安全性のためにしておくと安心ですから!

以上、スライムパンチは危ないのかどうか、危険性や安全性についてでした。

スライムパンチは間違って使うと有毒ガスを発生させますが、正しく使うと安全だし掃除の大きな助けになります。

まずは説明書などをなどをしっかり読んだ上でスライムパンチを正しい方法で使って掃除をして行って下さい。

そうすれば危ない危険性のある洗浄剤ではなくなり、安全性が高い洗浄剤になって行きますので!


⇒ ダイレクトテレショップでスライムパンチをチェック!


※アマゾンや楽天で通販するならこちら!

参考:主な塩素系洗浄剤や酸性系洗浄剤の例

『塩素系洗浄剤』

スライムパンチ、パイプユニッシュ、ハイター、ドメスト、ブリーチ、カビキラー・・・などなど。

『酸性洗浄剤』

サンポール、ティンクル、ウタマロクリーナー、スクラビングバブル、バスマジックリン・・・などなど。

もっと塩素系洗剤や酸性洗剤を知りたい場合、実際にスーパーやドラッグストアでチェックするか、ネットで検索すると良いでしょう。

イロイロあるので1度は見ておくことをお薦めします!

安全に汚れを落としたいなら業者に頼むのもアリ!

スライムパンチは正しく使えば危ない洗浄剤ではないということはお分かりになったと思います。

それでも危険性や安全性が気になる場合は、プロの業者に頼むのも1つの手。

プロの業者なら危険性にも配慮して掃除をしてくれますし、あなた自身が掃除をしなくても良いので安全性も確保されます。

しかもプロ独自の方法や技術、経験からどんなガンコな汚れも落としてくれますし仕上がりもキレイ。

例えばイオングループの『カジタク』など。

スライムパンチよりはコストはかかりますが、徹底的に掃除をしてくれるのは大きなポイントだと言えます。

もしスライムパンチを使うのは危ないなどの不安があるなら、こういったプロの業者を利用すると良いでしょう!


※分かりやすい全国一律料金と満足保証付きで安心安全!

⇒ ハウスクリーニングならカジタク!詳細はこちら!



スライムパンチの特徴など

スライムパンチは黒カビ、ぬめり、油汚れなどをしっかりと落としてくれるジェルタイプの洗浄剤です。

ジェルタイプなので液だれがしにくく、壁などのカビでも垂れることなく掃除ができるスグレモノ。

これ1本あれば浴室やキッチンなどの水回りの掃除がかなり楽になりますので、いつも清潔な状態をキープできるのが大きな魅力だと言えます!

成分情報

主成分は次亜塩素酸塩、界面活性剤(アルキルアミンオキシド)、水酸化カリウム(4.5%)。

液性はアルカリ性。

基本的な使い方

スライムパンチは基本は原液のまま使うのですが、場所次第では薄める(希釈)こともあるので見ておきましょう。

ゴムパッキンなどの黒ずみや黒カビ取りは原液のまま使い、30分~60分放置してから水洗い。

タイルなどのぬめり取りは原液10mlと水1L(100倍希釈)で使い、60分ほど放置してから水洗い。

換気扇などの油汚れ取りは原液50mlと水2L(約40倍希釈)で使い、30分ほど放置してから水洗い。

排水溝などの汚れや髪の毛取りは原液100ml(汚れがヒドイ場合は200ml)で使い、30分~60分ほど放置してから大量の水(5L程度)で洗い流す。

その他、スライムパンチは洗濯槽の掃除などにも使えるそうです。

詳しくは付属の説明書をよく見てから使うようにして下さいね!

デメリットやメリット

まずスライムパンチのデメリットですが、

・酸性系洗剤と混ぜると危ない

・目や手に付くと危ない

・価格が高め

・ネット通販が主な購入方法

・・・などがあります。

一方、スライムパンチのメリットはと言いますと、

・強力な洗浄力で色々な汚れに使える

・ぬめりなど手で直接触らずに掃除ができる

・こすらずに洗い流すだけで汚れが落とせる

・塩素系の独特の臭いが控えめ

・大容量なので長持ち

・・・などがあります。

スライムパンチに関わらずどんな商品にもデメリットやメリットはありますので、それらを知った上で使って行って下さいね!

落ちない汚れがある!?

残念ながらスライムパンチにも落ちない汚れがあります。

それは、

食品、色柄物の繊維製品、ステンレス以外の金属(アルミ、鉄、銅、メッキ、ホーロー等。錆のあるステンレスも不可)、アルカリに弱い樹脂(アクリル、ABS、ポリカーボネート、メラミン等)、浴槽、風呂釜、化粧鋼板壁(磁石が付く壁)、しっくい壁、クロス壁、石の壁、人工大理石、御影石、木製品、漆器、クリスタル製品、獣毛の刷毛や筆、水洗いできない物や場所

引用元:スライムパンチ(ダイレクトテレショップ公式)

・・・などの汚れです。

こういった場所での汚れは落とせない(使えない)ので覚えておいて下さいね!

ちなみにスライムパンチが使える場所が、

シリコン、ゴムパッキン、コーキング等(浴室、洗面台、窓、冷蔵庫等)、ステンレス、PE/PP樹脂

引用元:スライムパンチ(ダイレクトテレショップ公式)

・・・となっていますので、こちらも覚えておくと良いでしょう!

実際に使った方の評判や口コミはどう?

スライムパンチの悪い評判や口コミ、良い評判や口コミの両方をいくつかご紹介します。

あなたの使う・使わないの参考にしてみて下さい!

悪い評判や口コミ

テレビショッピングを見て、購入しましたが、効果ありませんでした。浴室のカビに原液を刷毛で塗りましたが、全く変化なし。ガスレンジの五徳に使用したかったのですが、ステンレス以外の金属はNGとのことで、使用出来ず。それではと、ステンレス製のレンジフードを希釈した液で拭いてみましたが、これまで使用していた某有名なマジッ***ンの方が奇麗になります。2本組を購入したことを後悔しています。

引用元:スライムパンチ(ダイレクトテレショップ公式)

風呂場のゴムパッキンのカビが酷かったので、CMを見て注文しました。説明書のとうり、試して見ましたが、カビ薄くはなりましたが、綺麗には落ちませんでした。その方の所は、まずまず落ちてくれました。この様な結果でしたので、星3つの評価にさせてもらいました。

引用元:スライムパンチ(ダイレクトテレショップ公式)

思ったより汚れが取れない。新しい汚れには良いと思うが年数がたった汚れはやはり取れないみたいです

引用元:スライムパンチ(ダイレクトテレショップ公式)

お風呂のカビ取りに使いました。市販のカビ取り剤よりは刺激臭が少ない割に効いてる感じはありますが、パッキンの古いカビはとれません。それから、ドラム式の洗濯槽には使えないこと、購入後に取説を見て知りました。テレビ放映で言われてたのかわかりませんが、気付きませんでしたのでがっかり。

引用元:スライムパンチ(ダイレクトテレショップ公式)

良い評判や口コミ

浴室の手摺りのカビがいろんな洗剤を使用しても取れなかったのですが、スライムパンチをハケで塗って放置していただけで、綺麗に落ちてビックリ、買って良かったです。

引用元:スライムパンチ(ダイレクトテレショップ公式)

黒カビがスッキリ綺麗になりました!排水溝もビックリ綺麗に♪気持ち良くなりました。

引用元:スライムパンチ(ダイレクトテレショップ公式)

お風呂場のブラインドの陰の窓のゴムパッキンや風呂の手すりの付け根のプラスチックの半月のカバーの黒ずみなど、色々なカビキラーで試してもダメで諦めていたところが、ハケで原液を塗って30分置いたら、落ちていました!すごい!

引用元:スライムパンチ(ダイレクトショップ公式)

長年気になっていたお風呂の蓋やドアのゴムパッキンの黒かびが、いともあっさりキレイになって、感動ものてす。今度は排水溝にも使いたいと思います。

引用元:スライムパンチ(ダイレクトテレショップ公式)

スライムパンチの評判や口コミはネットを検索すれば多数出てきます。

ココでは有名なダイレクトショップでスライムパンチを買って使った方の評判や口コミを見て頂きました。

他にもまだまだ評判や口コミはありますので、気になる方はチェックしてみて下さい!

⇒ スライムパンチの評判や口コミ(ダイレクトテレショップ)を見る

スライムバスターやスパイダージェルとの違い

スライムパンチとよく比較されるのが『スライムバスター』と『スパイダージェル』です。

これら3つの違いって何なのでしょうか?

その違いをザックリ言うとこちら。

スライムパンチ

・内容量は1㎏

・用途はカビ、黒ずみ、油汚れ、ぬめり取りなど

・成分は次亜塩素酸塩、界面活性剤(アルキルアミンオキシド)、水酸化カリウム(4.5%)

・価格は1本税込7,700円

スライムバスター

・内容量は1.8㎏

・用途はカビ、黒ずみ、ぬめり取りなど

・成分は次亜塩素酸塩 界面活性剤(アルキルアミンオキシド) 水酸化カリウム(4.5%)

・価格は1本税込9,735円

スパイダージェル

・内容量は500ml

・用途はカビ取り

・成分は次亜塩素酸塩、水酸化カリウム(0.8%)、ゲル化剤

・価格は1本税込2,200円

見ての通り、スライムパンチとスライムバスターは全く同じ成分でほぼ同じ性能だけど、スパイダージェルは性能で劣るって感じ。

ただ、スライムバスターよりもスライムパンチの方が油汚れにも使えるなど用途が多い分便利かと。

あと、スライムパンチはまとめ買いすると価格が安くなったり、オマケでクッションが付いたりするのでお得感があります。

そのため、カビ取りやぬめり取り、油汚れ落としをするならスライムパンチが良いでしょう!

最安値で買える販売店はどこ?

スライムパンチはスーパーやドラッグストア、ホームセンター(ビバホームやカインズ、コーナン、ナフコなど)、東急ハンズ、ヨドバシ、ドン・キホーテなどではほぼ見ることはありません。

実店舗での取り扱いがほぼないってこと。

「じゃぁ、どこで売ってるの?」と聞かれますと、「テレビショッピングなどの通販!」と言うことになります。

例えばダイレクトテレショップやアマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングなどで取り扱いがあります。

スライムパンチを買うならこういった通販を利用するのが良いですし確実なのでお薦めですよ!

また、スライムパンチの価格を比較したのがこちら。

・ダイレクトテレショップは税込8,580円(本体7,700円+送料880円)

・アマゾンは税込8,756円(送料無料)

・楽天市場は税込8,756円(送料無料)

・ヤフーショッピングは税込8,756円(送料無料)

・・・こんな価格になっています。

これらを見る限り、スライムパンチの最安値はダイレクトテレショップの税込8,580円だと言えます。

スライムパンチを通販するならダイレクトテレショップが良いでしょう!

加えて先に述べたと思いますが、スライムパンチはまとめ買いをすると価格が安くなります。

こちらもダイレクトテレショップでの通販ですけど、2個セットなら税込13,800円+送料880円、3個セットなら19,900円+送料880円とクッション付きって感じで。

1個当たりの単価が安くなって行きますので、色々アチコチ大量に使うならまとめ買いもお薦めです!


⇒ ダイレクトテレショップでスライムパンチをチェック!


※アマゾンや楽天で通販するならこちら!


★その他のお掃除アイテムのレビューもどうぞ!

パイプユニッシュを流し忘れて一晩放置(長時間)したらどうなるのでしょう?エライことに?大変なことに?もしパイプユニッシュを一晩放置してしまった場合の結果と対策をご紹介します!
トイレ掃除では最強のサンポールですが実はデメリットもあります。使い方次第では命に関わるデメリットもある!?具体的なサンポールのデメリットをチェックしておきましょう!
スーパーソニックスクラバーがあれば面倒なお風呂掃除が楽にできる!?スーパーソニックスクラバーの何がどうお風呂掃除に良いのか?お風呂掃除が面倒に思っているなら参考にしてみて下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする